庭の野鳥レストラン、ポチポチ開店

わが家・小テラスの冬場名物?の、野鳥レストランが12月初旬からポチポチと新装開店!
人気メニューのミカンが今年は不作?~未入荷にて当面、熟柿頼りの限定サービスのみ

リビング窓越全景--右にメインテーブル、左下にメインプール (背後の吊り篭は準備中)
12.16 身近な野鳥の季節到来 1.jpg
12/11 待望の初来客は常客ヒヨドリ。様子を伺って着席し、豪快に貪る
12.16 身近な野鳥の季節到来 2.jpg
次にテーブル上の水鉢に移り水飲み(左) プール上の止り木で寛ぐ下掲客(右)
12.16 身近な野鳥の季節到来 3-1.jpg 12.16 身近な野鳥の季節到来 3-2.jpg
12/11 直後にプールご来場のキジバト。行水はせず静かにブリキウサギと対話?
12.16 身近な野鳥の季節到来 4.jpg

当レストラン最上客のメジロは当店は未着席 (上・11/21 Tm宅、下・12/2 O公園)
12.16 身近な野鳥の季節到来 5.jpg
12.16 身近な野鳥の季節到来 6.jpg
11/26 菜園に来始めたモズが物干パイプで休む (電線で高鳴きは10/2初見)
12.16 身近な野鳥の季節到来 7.jpg
12/6 Nk公園のナンキンハゼの鳥達の傍らで独特の打撃音--コゲラがお仕事中!
12.16 身近な野鳥の季節到来 8.jpg
12/9 M池畔で逢ったジョウビタキ♀(左) 12/15 T公園で特筆モノはビンズイ(右)
12.16 身近な野鳥の季節到来 9-1.jpg 12.16 身近な野鳥の季節到来 9-2.jpg

冬場に取材常連の野鳥はまだウォーミングアップ中?? 当店もメニュー充実してフル操業へ

近隣公園などの冬景色から

12月も早くも中旬、折々の近場散策時に触れる光景もめっきり冬めいてきた。
否応なしに、蝶シーズンの終わりと野鳥ウォッチングの始まりを実感する今日この頃・・

O公園の球場周りのメタセコイア並木の紅葉最盛! ムラツ越冬集団は秘かに息づく
12.13 近隣公園の初冬景色 1.jpg

直近のNk公園のナンキンハゼは白い実だけの裸木に。カワラヒワの一群が歓び啄む
12.13 近隣公園の初冬景色 2.jpg

少し先のUY公園は延々1厦△覆詁押垢留行き感! コゲラやシジュウカラが散見
12.13 近隣公園の初冬景色 3.jpg

渋い紅葉のIs山懐のM池畔に霜が降りた。例年のカモたちの賑わいは如何?
12.13 近隣公園の初冬景色 4.jpg
池の対岸に回ると、岸の黄葉をバックにカモ群寛ぐ。水面に遊ぶ光粒の中で
12.13 近隣公園の初冬景色 5.jpg
ズームすれば主メンバーはヒドリガモとオオバン。ヨシガモ・オカヨシガモ・ホシハジロ等も少々
12.13 近隣公園の初冬景色 6e.jpg

今回掲載は前週末(12/9・10)取材分。今週は予定多く、折々庭ウォッチングのみ・・

2017心に残るmy蝶Best10

12月も半ばに近づき、往く今シーズンを回顧し年賀状候補選びの my蝶ベスト10。
今年は遠出も派手な出逢いも少ない中、心に強く残る好ショットから選りすぐり

3/29 U遊歩道 初見数日後に思惑通りのモンシロチョウ・オンステージ。ツクシなど添えて 
12.09 蝶BEST 2017春夏 1.jpg
4/14 Im湿原 古里のコツバメ、久々面談!! 4/28 県民の森 意中のトラフシジミ見参!
12.09 蝶BEST 2017春夏 2-1.jpg 12.09 蝶BEST 2017春夏 2-2.jpg
5/2 M地区 陽春を飾る大好きなサカハチチョウ春型。渓流沿いのウツギやシャガに遊ぶ
12.09 蝶BEST 2017春夏 3.jpg

6/4 M池畔 初夏到来感のアザミ原の黒いアゲハ達。花を渡るモンキアゲハとカラスアゲハ
12.09 蝶BEST 2017春夏 4.jpg
5/11 自宅庭 気まぐれに立寄る南方系・ナガサキアゲハ。今季は早々、ピカピカの♀!
12.09 蝶BEST 2017春夏 5.jpg
6/26 Im湿原 憧れの南方系・サツマシジミには時折遭遇。目前静止・半開翅のラッキー!
12.09 蝶BEST 2017春夏 6n.jpg

6/17 NU地区 恒例のウラナミジャノメ探訪は今年も好首尾! (9/5 第2化も健在確認)
12.09 蝶BEST 2017春夏 7n.jpg
7/11 M池畔 ヒメウラナミジャノメ異変にビックリ! 9/5 NU地区 咲初めツルボで同種溌剌
12.09 蝶BEST 2017春夏 8-1.jpg 12.09 蝶BEST 2017春夏 8-2.jpg
6/26 Im湿原 ヒメヒカゲ1、質実剛健の♂ 6/19 Im湿原 ヒメヒカゲ2、装飾的な♀
12.09 蝶BEST 2017春夏 9-1.jpg 12.09 蝶BEST 2017春夏 9-2.jpg

春待ち心が募り?、シーズン前半から抜擢。年賀状には更に4ショットに絞り採用予定

落ち葉とクリスマスカラーの季節へ

12月初めの数日、絢爛の紅葉を誇った庭の2大主木・ハナノキ&ケヤキが見る見る落葉。
一方で、緑の季節を背景にキラリとor変幻と紅が際立つクリスマスカラーが後押す冬趣向

門先に溜った落ち葉を車を出して掃き寄せ。どこか哀しくも美しい季節!
12.06 初冬の庭の紅と緑 1n.jpg
右手の背(東)側はハナノキ専科の落ち葉の絨毯。家猫Vのお気に入りの日溜り
12.06 初冬の庭の紅と緑 2n.jpg

東庭(隣家)枕木ゲートに恒例のスズメウリのリース。錆びた痩せ馬アートもいい季節感?
12.06 初冬の庭の紅と緑 3.jpg
春っぽい陽気なクリスマスカラーはアブチロン・チロリアンランプ。東庭の小舗道脇に常設添景!
12.06 初冬の庭の紅と緑 4.jpg
少し南のブッシュ内のクコの実もやっと本領発揮。こちらもキラキラ、東洋のランプ風??
12.06 初冬の庭の紅と緑 5.jpg

玄関前・南庭では緑から紅へ変身・混在盛り。小兵・ヤマモミジが自己アピール覚醒?
12.06 初冬の庭の紅と緑 6.jpg
果実でも高貢献のブルーベリー群も出色の紅葉。紅葉が緑葉を制すのも秒読み?
12.06 初冬の庭の紅と緑 7.jpg
綺麗な黄葉を供したモクレンはすっかり裸木に。跡から新芽が脚光を浴び登場!
12.06 初冬の庭の紅と緑 8.jpg

「スーパームーン」と知らず、東庭ゲートの宵景を愛でる。庭園灯に名残の紅葉が煌く
12.06 初冬の庭の紅と緑 9.jpg

当面の大ミッションを昨日納め、今朝(12/6・水)は庭風情に浸る。年の瀬は近い・・

もみじ寺・F寺は桜も満開?!

12月初日(金)は、市広報や地方紙で今だ!と話題沸騰の市内「もみじ寺」に急行。
見事な紅葉と季節外れの桜満開が共演する稀有の名所・・平日に速攻して幸運!

平日・好ダッシュでも山間の駐車場はパンク状態。山門周りが即、クライマックス映像!
12.02 雲谷&岩屋 1.jpg
山門の軒先に絡む逆光のモミジが絶品!! 背景には何と満開の桜花爛漫?!
12.02 雲谷&岩屋 2.jpg
サプライズ共演の立役者はヒマラヤザクラ。ソメイヨシノ似の淡色、ニホンミツバチも遊ぶ
12.02 雲谷&岩屋 3-1.jpg 12.02 雲谷&岩屋 3-2.jpg

奥に進むと本伽藍、紅いの樹間に佇む。奥の山を越えればかのIm湿原方面
12.02 雲谷&岩屋 4.jpg
林間の小径を辿る野趣も万感! 針葉樹の黒々直線と足元の緑に紅葉煌めく
12.02 雲谷&岩屋 5.jpg
林道がパッと開けると、山門への緩やかな下り道。またクライマックス映像で結ぶ
12.02 雲谷&岩屋 6.jpg

F寺からの帰路、周辺の山腹の渋い茶赤模様に心惹かれ、翌・土曜(12/2)も・・
鳥見定番のIw緑地にも初冬観察。高い岩上の観音様もスッポリ紅葉に埋まる
12.02 雲谷&岩屋 8.jpg

冬鳥ウォッチング下見としては全く空振り。今暫く晩秋の名残を惜しんでいよう?

冬初め・・潜む蝶と弾む蝶と

今日から12月=本格的に「冬」スタート・・O公園の越冬ムラツ群の近況をレポートします。
冷温続きで委縮気味の集団が、今週前半の小春日和には一部解れて寛ぐ姿も

今年の従前の越冬集団は隣接2群。主体は右手の10頭ほど、左脇に2~3頭
12.01 冬初めのムラツ 1.jpg
温暖好天時は一部お出かけ(ムラサキシジミ混入も)。左手の小群はもう解散??
12.01 冬初めのムラツ 2.jpg

行先は常緑低木の日溜り。この小マテバシイにはツバメ3・シジミ1が気ままに開閉
12.01 冬初めのムラツ 4.jpg
12.01 冬初めのムラツ 5.jpg
この東沿道の小トベラにもツバメがご執心。葉の付根やカイガラムシに擦り寄る??
12.01 冬初めのムラツ 6-1.jpg 12.01 冬初めのムラツ 6-2.jpg
同所のこの♂は少しずつ動いて日光浴を楽しむ。下翅損傷も輝きは絶品!
12.01 冬初めのムラツ 7-1.jpg 12.01 冬初めのムラツ 7-2.jpg
♀のムラサキツバメは綺麗な個体多く誇らしげに開翅。(上・マテバシイ、下・サンゴジュ)
12.01 冬初めのムラツ 8.jpg
12.01 冬初めのムラツ 8n.jpg
ムラサキシジミはより単独行で神出鬼没。前翅の尖りと陽気な青光鱗でナイス精悍!
12.01 冬初めのムラツ 9.jpg

12.01 冬初めのムラツ 9n.jpg 小春日和に誘われ、門先に長居したウラギンシジミ蒸発??

秋の終りに・・庭の紅葉賛歌

11月末=カレンダー上でも「秋」の終り・・今年の庭の'Fall'感は例年になく日々見事!
紅葉の名所にも遠出できない現況の中で、座右にある最高の眩い福音に感謝!!

庭の主木・ハナノキの一際綺麗な紅葉が南沿道部に映える。抜ける高空が似合う
11.30 霜月晦日 紅葉 1n.jpg
見上れば、青空と白雲片をバックに伸々錦の梢を開く。繊細なカラーモザイクの妙!
11.30 霜月晦日 紅葉 2.jpg
2階「アトリエ」からベランダ越しに、2枚看板のケヤキが競演。日除シートのフレームが額縁!
11.30 霜月晦日 紅葉 2n.jpg

路上・西側から見れば、2大主木の助演陣も多彩。手前・御衣黄桜、奥・ヤマボウシ
11.30 霜月晦日 紅葉 3.jpg
東に回って2大主木を仰げば、2トーンが空に拡がる。其々カラーグラデーションが交錯
11.30 霜月晦日 紅葉 4n.jpg
ハナノキ樹下の車のフロントガラスにも両雄がカチッと競演。ちょうどアイレベルで好照準
11.30 霜月晦日 紅葉 5.jpg

室内からのケヤキ足元は、黄赤系の綾織りが粋。モクレンの黄・ヤマボウシの朱が出色
11.30 霜月晦日 紅葉 7.jpg

11.30 霜月晦日 紅葉 8.jpg 下草にも黄茶の凝縮・・ギボウシと風知草、密かに晩秋!

秋深いT公園~A川沿い遡上

仕事一区切りと好天の土曜(11/25)、市中央T公園~T川支流・A川遡上ウォーキング。
強いて目的は彩々紅葉と野鳥の季節下見のウォッチング・・まあ、心地よく歩くこと

錦秋のT公園(正面はT市庁舎)はスポーツ少年等で賑わう。野鳥も寄付けぬ??
11.25 T公園~A川 晩秋 1.jpg
一画に見事に黄葉のイチョウが数本。遠望の熟年集団は歴史文化探訪??
11.25 T公園~A川 晩秋 2.jpg
Y城址(鉄櫓)高台からの母なるT川とK島。鴨たち姿なく、右手A川合流部へ
11.25 T公園~A川 晩秋 3.jpg

合流部の城下橋を渡り、前方・A川沿いに自宅方向に遡上。鴨も鷺も現れず?
11.25 T公園~A川 晩秋 4.jpg
市街地から住宅地環境に移る辺りからはmyフィールド。河原に降りて専ら鳥見
11.25 T公園~A川 晩秋 6.jpg
爛漫の春光景を供した親水エリアは今、紅葉盛り。まだ青める柳下にも鴨不在?
11.25 T公園~A川 晩秋 7.jpg

結局、撮れた野鳥は僅か:コサギとアオサギ(上)、遠くのカワセミ(中)、定番ハクセキレイ(下)
11.25 T公園~A川 晩秋 8-1.jpg
11.25 T公園~A川 晩秋 8-2.jpg
11.25 T公園~A川 晩秋 8-3.jpg
陽溜りの土手に蝶稀少:往く今シーズンを惜しむ、モンシロチョウ(左)とヤマトシジミ(右)
11.25 T公園~A川 晩秋 9-1.jpg 11.25 T公園~A川 晩秋 9-2.jpg

家への途上、O公園の越冬ムラツ群を観察。陽光にお出かけ数頭、♂開翅もゲット!

晩秋、庭の花・実のコラボ煌く

11/21(火)はスカッと晴れて暖か・・予定フリーの午前のIm湿原周辺巡りはやや不振。
水・木は所用と雨予報にて、月・火両日の庭の花・実の小粋なコラボの煌きを追う

月曜朝、迎車待機の門先(表札下)に小金属光がキラリ! ウラギンシジミ、秘かに定住?!
11.20 晩秋の庭から 0-1.jpg 11.20 晩秋の庭から 0-2.jpg

フレッシュ・旬の花なら山茶花。リビング前テラス傍らにバラ色の八重が紅葉に際立つ
11.20 晩秋の庭から 1.jpg
シンプルな赤花は広縁前の小植込みの一画に。周りに素朴な野趣のホトトギスも
11.20 晩秋の庭から 2.jpg

東庭南縁の足元のホトトギスは蛍葉のツワブキと競演。背景に秋明菊・野紺菊も
11.20 晩秋の庭から 3.jpg
このホトトギスは一味違う「タイワン・・」?(左)。近くに溌剌と普通のツワブキも(右)
11.20 晩秋の庭から 4-1.jpg 11.20 晩秋の庭から 4-2.jpg

小舗道脇にクコの実が一際美しく輝く。シロヤマブキの黒い実と野紺菊も共演
11.20 晩秋の庭から 5.jpg
同じバックの少し先にハナミズキの鮮やかな紅葉。紅白の表裏の隙から花芽も
11.20 晩秋の庭から 6.jpg

玄関前のヒメシャラの裸の枝先に渋茶の実弾ける。先端には天を衝く新芽も
11.20 晩秋の庭から 7.jpg
小菜園の隅の百日紅(サルスベリ)も同様の佇い。ともに背景にはハナノキの紅葉
11.20 晩秋の庭から 8.jpg

ここ数日早くも、師走並みの寒冷続く。日中、陽溜りに蝶幾つか・・激励エール!!

雨上りの週末は真冬の寒気

霜月後半の週末(11/18・19)、土曜は冷たい雨で日曜は晴天も師走並み寒気?!
晩秋情趣探訪を日曜に賭けたが寒風に出鼻を挫かれ、家の周りのチョイ歩きのみ

土曜朝、雨のリビング前テラスを恨めしく眺める。黄~紅葉の明るさが救い
11.19 霜月の雨上りの週末 1.jpg
昼過ぎ、気晴しに雨中のO公園へ。マーク済みの越冬ムラツ2集団堅持(1頭移動?)
11.19 霜月の雨上りの週末 2-1.jpg 11.19 霜月の雨上りの週末 2-2.jpg

朝日射す日曜朝、同じ風景に光が踊る。紅葉にも足元もスポットライトが鮮烈
11.19 霜月の雨上りの週末 3.jpg
小水盤にヒヨドリ訪れブリキ兎と語る(左)。直上のハンカチノキ枯枝も定席(右)
11.19 霜月の雨上りの週末 4-2.jpg 11.19 霜月の雨上りの週末 4-1.jpg
渋く多彩な黄~紅葉キャスト紹介。カシワバアジサイ・ヤマボウシ・モクレン・マンサク・・(+サザンカ)
11.19 霜月の雨上りの週末 5.jpg

南面沿道部はハナノキ(+ヤマボウシ)が紅葉盛り。逆光気味がとりわけ爽快感
11.19 霜月の雨上りの週末 6.jpg
この主木にも野鳥2題:樹幹を突くコゲラ(左)と梢で騒々しいヒヨドリ(右)
11.19 霜月の雨上りの週末 7-1.jpg 11.19 霜月の雨上りの週末 7-2.jpg

すぐ近いNk公園のナンキンハゼの紅葉もチェック。白い実がちの高梢に野鳥集団飛来
11.19 霜月の雨上りの週末 8.jpg
その好物を無心に啄むのはカワラヒワ(左)。遅れてキジバトも低枝に単独参入(右)
11.19 霜月の雨上りの週末 9-1.jpg 11.19 霜月の雨上りの週末 9-2.jpg

早くも冬本番近しの週末。蝶ネタ遠のき野鳥ネタ近づく感・・寂しく気忙しい時候

| 1/104PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM