残暑のIm湿原とM池の野花

盆過ぎても高湿猛暑は続き、蝶端境は承知で旬の野花訪問の近場ちょい旅2件。
8/16・水はIm湿原、8/18・金はM池の8月後半の定番花そろそろ咲き初め確認

湿原の木道ウォークを彩るのは点在するノリウツギ。清楚な白花が好感度
08.18 真夏の湿原&M池の花 1.jpg
大本命のサギソウは随所に顔見せで安堵。やや少なめ・痩せがちかも・・
08.18 真夏の湿原&M池の花 2.jpg
孤高にピリリと際立つ彩度はミズギク。周りのシラタマホシクサはまだほんの点々
08.18 真夏の湿原&M池の花 3.jpg

庭の鉢植えのナンバンキセルが早くもニョキニョキ。尚早承知でM池の出方チェックへ
08.18 真夏の湿原&M池の花 4.jpg

M池畔のススキ原は繁茂し「キセル」の影なし。蝶なき林道にタカサゴユリが涼やか
08.18 真夏の湿原&M池の花 5.jpg
池辺のそこここにセンニンソウが咲き初め。蝶を呼ぶ花だがまだ効能見えず
08.18 真夏の湿原&M池の花 6.jpg
池のフェンスに色とりどりのノブドウ(左)と気の毒な名を負うへクソカズラ(右)
08.18 真夏の湿原&M池の花 7-1.jpg 08.18 真夏の湿原&M池の花 7-2.jpg
遠目に上掲の白花と看過してたらガガイモも! ふとアサギマダラに想いを馳せる
08.18 真夏の湿原&M池の花 8.jpg

8月後半はネチネチ残暑と宿題残など物憂い感がmy性?? 高原にでも浸りたいが・・

お盆3日は家籠り、家族1st!

8/13~15のお盆3日間は外との接点はすべて休止、専ら家に籠って家族交流。
暑中のいい休日とて基本はのんびり・・中日(8/14・月)に家内イベント集中実施

リビング前・小テラス鼻先に静かに夏の洒落花。手前の檜扇(ヒオウギ)と・・
08.15 お盆3日の家籠り 1 .jpg
背後のブッシュ陰にひっそりとキツネノカミソリ。野趣と侘びを醸す粋な花!
08.15 お盆3日の家籠り 2 .jpg

その小テラスで日中から身内でバーベキューパーティー。息子と娘のファミリー集合
08.15 お盆3日の家籠り 3 .jpg
宴席傍らの檜扇にキアゲハが友情出演? 同系色の花と蝶の絶妙コラボ!
08.15 お盆3日の家籠り 4 .jpg
宵から孫娘(選抜2人)とO公園の盆踊りへ。浴衣美少女?ズームはご遠慮
08.15 お盆3日の家籠り 5 .jpg

庭の旬の花から:爽やか補色・サマーポインセチアと丈夫で長持ち・ヒメイワダレソウ
08.15 お盆3日の家籠り 6 .jpg
1輪ずつ?凛として更新・ノカンゾウ(左)と 今年は際立つ純白・高砂ユリ(右)
08.15 お盆3日の家籠り 7-1 .jpg 08.15 お盆3日の家籠り 7-2 .jpg
道路際で涼やかに揺れるルリヤナギ(左)と 緑に変身盛んなパイナップルリリー(右)
08.15 お盆3日の家籠り 8-1 .jpg 08.15 お盆3日の家籠り 8-2n .jpg

社会活動復帰リハビリは明日から? 今宵は隣の息子ファミリー勢揃いで手巻き懇親会!

盆時、野性回帰は定番・水窪

ディサービスが盆休みには母親離れの隙なく、山入りならば今日(8/12・土)がチャンス。
見送り後の飯田線特急に乗り、十代から定番の水窪地区・渓流沿いウォークに出発!

高湿猛暑の初っ端にふわりナガサキアゲハ♀登場! 産卵志願も静止せず
08.12 Misakubo on around Bon 1n .jpg
人家脇にはナツズイセンが楚々と咲き初め。薄紫の爽やか夏色に好感
08.12 Misakubo on around Bon 2 .jpg

炎天下、県道沿いに渓流を遡る。昔は道も細く木陰もたっぷりだったが・・
08.12 Misakubo on around Bon 3 .jpg
途中、楓の青葉が川面にサラサラ被る景に歩を止める。「夏の楓」に想いあり!
08.12 Misakubo on around Bon 4 .jpg
期待の蝶spot、クサギ集積に重機駐車で失意! 意中のアゲハ・セセリ類の影もなし
08.12 Misakubo on around Bon 4n .jpg

バテバテの単独行に水気の旬花が救い。小滝脇のタマアジサイの風情よし!
08.12 Misakubo on around Bon 5 .jpg
湿った崖地に今、イワタバコの花がフレッシュ好感度。個々が可憐な星型謳歌
08.12 Misakubo on around Bon 6 .jpg
乾いた県道脇の湿潤滴るコケの崖もいい。湿った路肩に吸水蝶なくも・・
08.12 Misakubo on around Bon 7 .jpg
片道5km・my折返し点のツメレンゲは少ないが元気。強い陽射しにもうクラクラ?
08.12 Misakubo on around Bon 7n .jpg

酷暑に蝶不在の中、駅近のクロツバメシジミは何とか数頭。やや端境期?
08.12 Misakubo on around Bon 8-1 .jpg 08.12 Misakubo on around Bon 8-2 .jpg
my spotにクロコノマチョウ1頭出現。(優美な秋型でなく)実直な夏型!
08.12 Misakubo on around Bon 9 .jpg

今日は覚悟の上と言え、炎天下単独行軍の酷?! 頼りの蝶たちの姿も極少で・・

予定急転!!レゴランドJ.へ

月~火に台風通過し一過の青空、今日(8/9・水)はJR飯田線で山入りを目論む。
でも前夜突然の孫娘のラブコールに即応、レゴランドジャパン(LLJ)行きに予定急転換?!

朝、娘とその娘との3人旅スタート。まず隣接の「メイカーズピア」に降り立つ
08.09 LLJ &Makers Pier 0 .jpg
     (どうもデザイン好きのこの家系にはこのスケール感・アトリエ感が心地よい)
やっと来ました、レゴランドジャパン!! 以前、計画参画した身には感慨一入
08.09 LLJ &Makers Pier 1 .jpg
ゲートインすぐカラフル大作がお出迎え。小さなレゴブロックから造形する心意気!
08.09 LLJ &Makers Pier 2 .jpg
猛暑の下、まずお目当てのサブマリンツアーへ。レゴ像と本物が窓越に迫る夢世界
08.09 LLJ &Makers Pier 3-1 .jpg 08.09 LLJ &Makers Pier 3-2 .jpg
猛暑ゆえ、童心の水かけ合戦(スプラッシュ・バトル)も爽快感。乗船中は撮影無理
08.09 LLJ &Makers Pier 4 .jpg
精緻な建物や街を再現したミニランドには脱帽!! 地元・名古屋市街地版を下掲
08.09 LLJ &Makers Pier 5 .jpg

この道中は孫娘との紅白・隔世ペアルック!! デザイナーたる娘はさすがに別バージョン
08.09 LLJ &Makers Pier 6 .jpg

2012年3月には先例視察。英・LLウィンザー(上)や建設中のLLマレーシア(下)を一挙
08.09 LLJ &Makers Pier 7-1 .jpg
08.09 LLJ &Makers Pier 7-2 .jpg
同年9月には同様に米・西海岸。LLカリフォルニア正面ゲート(上)とご当地ミニランド(下)
08.09 LLJ &Makers Pier 7-3 .jpg
08.09 LLJ &Makers Pier 8-1 .jpg

当初、周辺開発を含め調査・企画参画した思い。今、子供たちの歓声が嬉しい!

秋立つ候? 真夏ムラツ近況

酷暑続きにも「立秋」は間近・・庭の小景たちにも盛夏の翳りが垣間見える候。
そんな8月序盤にもご近所・O公園のムラサキツバメたちは営々・・近況報告も併載

近隣共同菜園の西瓜も一区切り。大中小の分け前をリビング窓際に仮置き
08.06 O公園のムラツほか 1n.jpg
若い実を抱き羽化した蝉のひと夏史。今や堂々の熟果との好コラボを呈す!
08.06 O公園のムラツほか 2.jpg
玄関前を彩る鹿ノ子百合に夏らしい来客が。オオスカシバの涼やか颯爽!
08.06 O公園のムラツほか 3.jpg
東庭・小菜園の三尺バーベナに夏蝶足繫く。一番常連のツマグロヒョウモンとアゲハ
08.06 O公園のムラツほか 4.jpg
浅葱色のネギに柔らかオレンジのトンボが憩う。ウスバキトンボ・・穏やかに秋を運ぶ?
08.06 O公園のムラツほか 5.jpg

折々散策のO公園のマテバシイひこばえは酷暑にも生気一杯。随所を巡り観察
08.06 O公園のムラツほか 6.jpg
炎天を避けるように下方の葉陰に静止例多し。2ショットの偶然も幾度かゲット!
08.06 O公園のムラツほか 7.jpg
昼下りの子は若葉の葉先や根本樹皮を巡り折々静止。案外綺麗な子が多見
08.06 O公園のムラツほか 8-1.jpg 08.06 O公園のムラツほか 8-2.jpg
夕刻の定番は♂の低空敏捷飛行。パーゴラ上や地表に一瞬静止するチャンス狙い
08.06 O公園のムラツほか 9-1.jpg 08.06 O公園のムラツほか 9-2.jpg

今夜(8/5)はクラス会、何と卒業50周年?! 我らが「昭和」は遥か遠くなってなお・・

真夏のM池、サツマに注目!!

8月に入りしっかり盛夏、所用とバテ?で遠出回避し散歩程度の近場歩きの日々。
よく覗くのがホソバセセリへの未練残すM池・・当地初見の真夏のサツマシジミにご執心!

7/30 出会い頭に路上静止の真っ白な子!! サツマシジミ健在、数頭目撃!
08.03 M池のサツマほか 0 .jpg
   (8/2訪問時も1頭・・同様に林間の路上に吸水志向ながら静止せず)

池辺の集団吸水も目的で8/2はモンキアゲハ3頭組。規律正しく一律隊列?
08.03 M池のサツマほか 1 .jpg
08.03 M池のサツマほか 2 .jpg
08.03 M池のサツマほか 3 .jpg
前報で10頭余の編隊披露のアオスジアゲハ(左)と別地のカラスアゲハ(右)は単独行動
08.03 M池のサツマほか 4-1 .jpg 08.03 M池のサツマほか 4-2 .jpg

その他の林道の蝶もフレッシュで溌剌。上から、ヒメアカタテハ・スジグロシロチョウ・ヒカゲチョウ
08.03 M池のサツマほか 5 .jpg
08.03 M池のサツマほか 6 .jpg
08.03 M池のサツマほか 7 .jpg

【庭の旬花から】玄関前でお出迎えの鹿ノ子百合。品よくお洒落に大集合!
08.03 M池のサツマほか 8 .jpg
08.03 M池のサツマほか 9 .jpg

南の憧れだったサツマシジミが今やこんなに目前に?! 当地・真夏の追跡、暫し続行!

ミヤマシジミに逢いたくて

街に禁足づめの週が明けた月曜はもう7月末日、何より優先で野山を目指した。
行先はミヤマシジミのコバルトブルーに逢いたい一心でTn河原・・例年なら♂が現る時候!

ダメ元の下見(7/22)時に、人為のコマツナギ養生ヤード発見。今日の注目spot!!
07.31 何とかミヤマシジミ 1.jpg
読みはピタリで、ピカピカの♂が幾つか。思い思いに寛ぐ楽園に同席し大感激!
07.31 何とかミヤマシジミ 2-1.jpg07.31 何とかミヤマシジミ 2-2n.jpg
07.31 何とかミヤマシジミ 3.jpg
07.31 何とかミヤマシジミ 4.jpg

丸刈りされた土手に一部コマツナギは残存。従前のspotも貧相な荒涼感が漂う
07.31 何とかミヤマシジミ 5.jpg
でも律儀に♂1頭、足元を舞い遊ぶ。唯一のシャッターチャンスに、誇らしく大V開翅!
07.31 何とかミヤマシジミ 6.jpg

他の意中蝶も何とか・・ 穏やかな丸みのツマグロキチョウ、2頭だけゲット!!
07.31 何とかミヤマシジミ 7.jpg
07.31 何とかミヤマシジミ 8.jpg
夏眠中?と諦め気味のコムラサキが突然ひらり面会。心優しい綺麗な♀?
07.31 何とかミヤマシジミ 9.jpg

稼ぎ時・7月の晦日をミヤマシジミと過ごせ少し満悦。8月も出不精必至気味だが・・

仕事漬け・野山絶ち?の日々

火・木は会議、金(7/28)終日がメインイベントの建築学生さん交流、と仕事漬けの週。
諸資料準備と併せ野山入りは断念、在宅デスクワーク間に「箸休め」的に庭ウォッチング!

朝のリビング窓際、my仕事場「分室」前景に左から朝陽がしじまを一掃!
07.26 仕事漬け週の箸休め 1.jpg
常客のヒヨドリが小テラス端で朝の水浴び。2羽が脇の枝上と交替入浴
07.26 仕事漬け週の箸休め 2.jpg
左手の低木ブッシュは数本のブルーベリー。順次成熟し、ヒヨドリの格好の標的?!
07.26 仕事漬け週の箸休め 3.jpg
先手先手で毎朝収穫、日産量はこのくらい。家人お手製ジャムに変身!
07.26 仕事漬け週の箸休め 4.jpg

聴覚的には圧倒的なクマゼミ大合唱!! セミ捕り少年たちの超ローカル名所??
07.26 仕事漬け週の箸休め 5.jpg
東庭中心に蝶たちも活き活き。夏陽に泳ぐオニユリとキアゲハの艶やか2ショット!
07.26 仕事漬け週の箸休め 6.jpg
ツマグロヒョウモンが♂♀とも大盛況。珍しく訪花(左)とスミレ産卵(右)の♀2景
07.26 仕事漬け週の箸休め 7-1.jpg 07.26 仕事漬け週の箸休め 7-2.jpg

深夜ともなればデスク集中環境は極まる。モノ書きや資料作りには最適??
07.26 仕事漬け週の箸休め 8.jpg

金曜の建築学生さん向け提示テーマはスクールキャンパス編。my記録&記憶を一括り
07.26 仕事漬け週の箸休め 9-1n.jpg
07.26 仕事漬け週の箸休め 9-2.jpg

昨・金曜の大役を終え今日はひたすら息抜き。元気を戻して野山を目指そう!

今夏の庭のヤクルリ小特集

昨日(7/22・土)、この先の天候とお仕事事情を睨み、猛暑にめげずTn河原へ。
でも惨敗で方針転換・・庭のヤクシマルリシジミの近況ラインアップを比較・小特集します

(6/14) テリ張りのヤクシマルリシジミが梢上から見下ろす。夏空に精悍!
07.23 YAKURURI in Garden 1.jpg
(順に7/13,5,18) 日々、テリ活動に何頭か。斑紋に少々個体差はありそう
07.23 YAKURURI in Garden 2.jpg
07.23 YAKURURI in Garden 3.jpg
07.23 YAKURURI in Garden 4.jpg
(7/10) 門先のヒメイワダレソウに綺麗な♂が遊ぶ。どこか色白・くっきり斑紋?
07.23 YAKURURI in Garden 5.jpg

(ともに7/17) 近似例1:ルリシジミ。 ヤクルリに比べ温和で控えめな在来種
07.23 YAKURURI in Garden 6-1.jpg 07.23 YAKURURI in Garden 6-2.jpg
(7/11,6/28) 近似例2:ヤマトシジミ。 斑紋はむしろ、シンプルでメリハリ明瞭
07.23 YAKURURI in Garden 7-1.jpg 07.23 YAKURURI in Garden 7-2.jpg

(7/22) 近似例3:ツバメシジミ(Tn河原)。本命ミヤマシジミ不在のコマツナギ席巻
07.23 YAKURURI in Garden 8-1.jpg 07.23 YAKURURI in Garden 8-2.jpg

(7/22) 昨夜は当市の祇園祭・花火大会。2階ベランダからビール片手に遠見!
07.23 YAKURURI in Garden 9-1.jpg 07.23 YAKURURI in Garden 9-2.jpg

Tn河原のミヤマシジミ等は数日後に出直し? コマツナギの土手の一斉カットに不安残し・・

猛暑の庭にも活き活き小景

猛暑続きにバテバテで庭眺め観察も億劫・・今日(7/19・水)やっと梅雨明け宣言!
ギラギラの陽射しを謳歌する花や虫たちの元気を拾い集めて、自身の不活に喝?!

東庭の一画に夏色花たち。艶やか・オニユリ&ヒメヒオウギスイセンと爽やか・ルリタマアザミ
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 1.jpg
東庭小舗道脇の涼やか夏花2題:パイナップルリリー(左)と斑入り葉のカンナ(右)
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 2-1.jpg 07.19 Mid-Summer Scene in Garden 2-2.jpg

ご近所の共同菜園は草が伸び放題。曇天の午前、意を決して草取り出陣!
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 3.jpg
不慣れで汗だくでmyミッション完遂。上出来のお宝西瓜たち露呈、防犯心配?
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 4.jpg

庭の夏蝶からはカップル縁組ラッシュ撰。玄関前で堂々お披露目はアゲハ ペア
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 5.jpg
争奪戦決着が見えたツマグロヒョウモン(左)と、装い差の大きいヤクシマルリシジミ(右)
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 6-1.jpg 07.19 Mid-Summer Scene in Garden 6-2.jpg

数日前から朝のクマゼミ大合唱隊興行開始。まだ鈴生り状態には至らず
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 7.jpg
クマゼミに遅れもう2種も出初め:稀少なニイニイゼミ(左)と普通種・アブラゼミ(右)
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 8-1.jpg 07.19 Mid-Summer Scene in Garden 8-2.jpg
珍しく朝の玄関前で羽化ご披露も。長年の地中生活から飛び発つ記念日!
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 9-1.jpg07.19 Mid-Summer Scene in Garden 9-2.jpg07.19 Mid-Summer Scene in Garden 9-3.jpg

2階ベランダ先をテリ往来?するウスバキトンボ1頭。新鮮感よりもはや少々残暑感?!
07.19 Mid-Summer Scene in Garden 9-4.jpg
梅雨明けの陽射しに弾けて野山へ、は昔話?! 「夏の子」たる夢は堅持したいが・・

| 1/100PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM