Im湿原にヒメヒカゲ登場!!

雨の水曜は資料整理、木曜は名古屋へ復帰試行、金曜は術後経過の外来診察・・
と、野山絶ちの日が続き満を持して今日(5/26・土)、5日ぶりにIm湿原一巡り

5/21は前日に続きゼフを探るも会えず。イボタの花のモンキアゲハと暫し遊ぶ
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 1.jpg
同日、林縁のゲリラ探索にもゼフは出ず。傷んだジャコウアゲハ♀出現にビックリ
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 2.jpg
今日の同じ林縁でもゼフに会えず。じっと静止する新鮮なヒオドシチョウ1頭
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 3.jpg
林縁のゲリラ探索で飛び出たジャノメ2題:類似のヒメジャノメ(左)とコジャノメ(右)
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 4-1.jpg 05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 4-2.jpg

そして湿原木道へ。尚早承知の本命・ヒメヒカゲ1頭、目前に舞い出て驚喜!!
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 5n.jpg
華麗な目玉模様のこの子はそのまま暫し日光浴。以降は全開翅ショットのみ
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 6n.jpg

その後R池畔も見回るがミドリシジミはまだ。ルリシジミ♀(左)とアサマイチモンジ(右)
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 7n-1.jpg 05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 7n-2.jpg

【庭のTopic】帰宅後の昼下り、家人から急報! 新鮮なミドリヒョウモン♂登場!!
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 8n.jpg
05.26 湿原にヒメヒカゲ第1号 9n.jpg

ミズイロオナガとサツマシジミが当面の心残り。ミドリシジミは例年なら5/31or6/1登場??

一寸遠出してミヤマシジミ

爽やかな好天の昨日(5/22・火)、電車旅リハビリ名目で隣県Tn河原まで一寸遠出。
5月中下旬に恒例の、今季初ミヤマシジミに出会う旅・・果たして春が足早の今年は?

遅出のスタートで現地到着は昼近く。見渡すコマツナギ混りの土手をゆるりと一巡
05.22 ミヤマシジミ電車旅 1.jpg
でも本命ミヤマシジミの姿なく他蝶と遊ぶ。アカツメクサにモンキチョウ(左・♀、右・♂)が溌剌
05.22 ミヤマシジミ電車旅 2-1.jpg 05.22 ミヤマシジミ電車旅 2-2.jpg
遠目に一瞬、本命登場?と心騒ぐのは・・ 大抵はツバメシジミ(左)やベニシジミ(右)
05.22 ミヤマシジミ電車旅 3-1.jpg 05.22 ミヤマシジミ電車旅 3-2.jpg

傷心の滞在後半、当地myミヤマ・スポットで粘る。草叢の根本に潜む傷んだ♀発見!
05.22 ミヤマシジミ電車旅 4.jpg
続けて力ない飛翔でミヤマシジミ♂登場! 注文通りコマツナギに静止するも開翅せず
05.22 ミヤマシジミ電車旅 5.jpg

滞在予定残り10分、口元のコマツナギ養生ヤードを覗く。起死回生、新鮮個体降臨!!
05.22 ミヤマシジミ電車旅 6.jpg
勿体ぶって?す~っと、ミヤマシジミ♂が飛来。時間勝負で好開翅ポーズを狙うが・・
05.22 ミヤマシジミ電車旅 7.jpg
05.22 ミヤマシジミ電車旅 8.jpg
その頭上を乗車予定(逆方向)のTH鉄道が通過。終了ゴングと解してタイムアップ!!
05.22 ミヤマシジミ電車旅 9.jpg

少し後手感残るもまず好首尾。同時期待の(クロ)コムラサキやツマグロキチョウには会えず

Im湿原にアカシジミ登場!!

リハビリ名目でここ連日、Im湿原のmyゼフィルスルートをゆるり散策・・遂に本命登場!!
イボタ咲けどウラゴは未登場、昨日目撃臨場のアカシジミを今日(5/20)こそ大願成就!

周囲のイボタやクロミノニシゴリが蝶を誘うも不調。湿原にはトウカイモウセンゴケが溌剌
05.19 ゼフ秒読みの湿原から 3.jpg
湿原の今が旬の花ならトキソウ。少ないながらあちこち、可憐に見え隠れする
05.19 ゼフ秒読みの湿原から 4.jpg
林縁より:落葉上の秘花・エンシュウムヨウラン(左)と、なかなかお洒落なタツナミソウ(右)
05.19 ゼフ秒読みの湿原から 5-1.jpg 05.19 ゼフ秒読みの湿原から 5-2.jpg

心躍るような蝶との出会いは不調気味。ヒメウラナミジャノメ(上)とダイミョウセセリ(下)
05.19 ゼフ秒読みの湿原から 6.jpg
05.19 ゼフ秒読みの湿原から 7.jpg
でも意中の、ルリシジミ路上吸水は確かな手応え。次はより白いサツマシジミが目標!
05.19 ゼフ秒読みの湿原から 8-1.jpg 05.19 ゼフ秒読みの湿原から 8-2.jpg

やや低温・曇りがちの今朝、ドラマは突然に。唐突に鮮やかな珠玉の「赤」発見!!
05.20 ゼフ第1号の湿原から 1.jpg
感動のピカピカのアカシジミ見参!! 1stショットから小移動して、全身撮りの好ポーズ!
05.20 ゼフ第1号の湿原から 2.jpg
現地遭遇のお仲間の情報で、高所に潜むウラナミアカシジミも確認。遠望の証拠写真!
05.20 ゼフ第1号の湿原から 3.jpg

当面残すはミズイロオナガシジミとサツマシジミ。ミドリシジミとヒメヒカゲは1週間ほど待とう!

新生ウラゴ健気に歓迎登場

復帰翌日の昨日、迷いなくフィールドリハビリのスタート地に選んだR池畔を再訪(5/15)。
今日は独りでひたすらマイペース・・暑過ぎ以外は体調良好でIm湿原ルートも一巡り

R池畔はもうすっかり夏空。昨日の徹底草刈り作業を経てさっぱりクリーンに
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 1.jpg

今日は静かにゆっくり蝶フィールド回帰がテーマ。まずヒメウラナミジャノメが自在に出没
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 2.jpg
ヒメジャノメもフレッシュに出回る。ジャノメチョウ科溌剌(キマダラヒカゲ散見、ヒカゲチョウはまだ)
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 3.jpg

そして大本命のウラゴマダラシジミ。健気に突然・1頭だけ、目前に超新生モデル登場!!
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 4.jpg
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 5.jpg

実は昨日の雨上り急転好日はもっと賑やか。気持ちよさそな新生テングチョウ
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 6.jpg
咲き揃った単独イボタに初夏蝶たち大集合。気ままで一番の主役はアサマイチモンジ
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 7.jpg
夏型新装いのキタテハも幾つか。(本命ウラゴも2つ3つ、活発に飛び交うも撮れず)
05.15 ウラゴ健気にご挨拶 8.jpg

Im湿原ルートも初夏のスターたち登場の予感?! 平地性ゼフィルスやサツマシジミもうすぐ??

雨の日曜に退院・自宅復帰!

GW終盤に手術入院し幸い経過順調で術後6日の昨日(5/13)、退院・自宅復帰!!
10日弱の空白を埋めたい焦燥感を封印し、今暫くは療養ベースに身を委ねます

入院中、心身の良薬はディルームからの市街地一望。駅・市庁舎や山並みが呼ぶ
05.13 退院復帰の日に 0.jpg
術前の敷地内散策でのアオスジアゲハ(左)。窓辺にハトやスズメが心癒すシーンも(右)
05.13 退院復帰の日に 1-1.jpg 05.13 退院復帰の日に 1-2.jpg
病室へ廊下突当りに上記トップシーン(左)。職能堅持に持込んだ1冊の蔵書(右)
05.13 退院復帰の日に 2-1.jpg 05.13 退院復帰の日に 2-2.jpg

それは尊敬止まない実社会恩師I氏の特集。表紙見返しの自邸図に再感動!
05.13 退院復帰の日に 3.jpg
比してmy自宅設計の類似図。I氏の大足跡の陰にも共有の下地とこだわり!
05.13 退院復帰の日に 4.jpg
寸法体系構成原理・モデュラーコーディネーション。恩師U教授直伝のシングルグリッド・面押え

久々帰還を迎えた庭はしっとり雨の中。リビング前の花々が優しく咲き競う
05.13 退院復帰の日に 5.jpg
中央にヤマボウシ、左手に小輪クレマチス、テラス上の斑入りギボウシ・ヒューケラ、奥にハコネウツギ・・
特にヤマボウシ類が絶好調。上から順に、玄関前の'サトミ'、東庭の'ミルキーウェイ'・'紅富士'
05.13 退院復帰の日に 6.jpg
05.13 退院復帰の日に 7.jpg
05.13 退院復帰の日に 8.jpg

今日午前、保護者同伴でR池周回の歩行訓練へ。体力多難、ウラゴマダラシジミ初見!!

物置整理、「お宝」原図発見!

GWに入ると即、息子が新自転車格納のため別棟物置を徹底整理宣言し始動?!
パワフル・スピーディに端の1棟を空けるうち、長年埋没していた「掘出し物」?が続々

敷地北隣地境にプレハブ物置3連棟。手前1棟の片隅から図面筒(右)を大発掘!!
05.05 お宝・自邸設計図発見 1-1n.jpg 05.05 お宝・自邸設計図発見 1-2n.jpg
(埃まみれのビニール袋内の他の設計青図は廃棄しても、これは「お宝」原図!!
・・それは20代最後のGWに独り、アパート籠城で描きあげた新居の実施設計図!)

第2子誕生・両親同居の夢の2世帯住宅。配置、平・立・断面の基本図をピックアップ
05.05 お宝・自邸設計図発見 2.jpg
(構造図書を除き)A2トレペ13枚の図面集。代表して渾身の矩計詳細図を例示
05.05 お宝・自邸設計図発見 3.jpg
(いわば、10代終盤から学生設計・20代前半から職業設計の、当時の集大成!)

触発されて往時のmyデザインノートも再確認。'79.02.03付の意図明瞭な基本図
05.05 お宝・自邸設計図発見 4.jpg
'79.02.04付の立面最終版も努力賞? 打放し目地・セパ跡の整備感にも腐心
05.05 お宝・自邸設計図発見 5.jpg
新生活落着き後'81.04.19付の造園・植栽計画図も。築40年弱、「森」は着々?
05.05 お宝・自邸設計図発見 6.jpg

竣工・入居後(1980早春)のスナップから:周りは殆んど畑、外装材が超フレッシュ!、
05.05 お宝・自邸設計図発見 7.jpg
・・、リビング前テラスに幼児ブランコ、2階アトリエに油彩キャンバス、まだあどけない兄妹、・・

今や、緑満載のベテラン住宅(住み手も前・後期老3人)に。常にリフレッシュ・進化中?!
05.05 お宝・自邸設計図発見 8n.jpg

春駈足の2週ほど、投稿ピッチも駆けました。この先2週ほど?、ブログはひと休み

ツツジに黒いアゲハの季節

ツツジ咲く4月下旬から折々、近場の黒いアゲハたちを共通テーマとしてウォッチング中。
庭でナガサキアゲハ(できれば♀)キャッチを待機したが、もう待てず一纏めしてリリース !

(4/25 Tm地区) 親戚訪問時に周辺散策。注文通りのモンキアゲハ登場に感謝!!
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 1.jpg
(4/25 Tm地区) 同上の大株ツツジ群にクロアゲハも寛ぐ。アゲハも同席、でもカット!
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 2.jpg
(4/20 Is山裾) ジャコウ目当ての大株にカラスアゲハが最常連。慌しく飛び交う
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 3.jpg
(4/25 Is山裾) この日は意中の大型アゲハにヒット! ナガサキアゲハ♂、静止せず
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 4.jpg
(4/20 Is山裾) 逢えず失意の帰り際、遂に本命出現! ジャコウアゲハ♀の優美!!
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 5.jpg

(4/27 Im湿原) 逸機続きのジャコウアゲハ♂が目前に佇む。食草近い草叢にて
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 6.jpg
(4/22 M池畔) 林縁の路傍にスリムな黒アゲハ舞い降りる。オナガアゲハが全開翅!!
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 7.jpg
(4/21 Y温泉) ウスバシロ観察の草叢にアオスジアゲハが吸蜜。主役譲りの緩行動?!
05.03 ツツジに黒いアゲハたち 8.jpg


05.03 ツツジに黒いアゲハたち 9.jpg 母のディ工作の鯉のぼりアート。色合い・センス、好感度!

風薫る5月、庭の木の花颯爽

GW前半は初夏みたい好天続きで、庭の花巡りや家族バーベキュー(4/30)も心弾む。
特に今季は、各種ヤマボウシはじめ旬の木の花たちが例年にない活況で華やぐ日々

息子・娘ファミリー一堂の家族バーベキューはリビング前・小テラス。宴の後の緑深い朝・・
05.01 庭の初夏の木の花 0n.jpg
 --コンクリートブロックの仮設炉や俄か仕立てのスポット灯も静寂。深緑のイスもいい--

随所にヤマボウシ咲く。普通の白花に続き粋名連も('さとみ''紅富士''ミルキーウェイ')
05.01 庭の初夏の木の花 1.jpg
05.01 庭の初夏の木の花 2.jpg
05.01 庭の初夏の木の花 3.jpg
05.01 庭の初夏の木の花 4.jpg

中央舗道沿いのヒトツバタゴ(「ナンジャモンジャ」)も好調。武骨な樹形に優しい小花!
05.01 庭の初夏の木の花 5.jpg
小菜園片隅のエゴノキが今年は花付き良好。実の有毒は無縁顔で碧空に垂れる
05.01 庭の初夏の木の花 6.jpg
玄関前のカラタネオガタマもひっそり開花。特有の甘い芳香を愛でる来客は大歓迎
05.01 庭の初夏の木の花 7.jpg
東庭沿道部のオオヤマレンゲが高潔に凛と咲く。小舗道の受咲きタイプは芳香発揮!
05.01 庭の初夏の木の花 8.jpg

5/2・3のGW中盤は雨予報で在宅・諸整理? 終盤からは暫く野山断ちの苦行??

青葉若葉のIm湿原周りから

4月終りに時折、逞しい新緑行進を確かめに最愛の自然懐・Im湿原周りを覗く。
蝶は少々端境期気味?でも、山辺の緑の勢いと旬の花々の活況に臨場したくて・・

湿原導入部のNg池畔に青葉若葉が盛々と。映し出す水面も「初夏」の実感!
04.29 青葉若葉の湿原周り 1.jpg

湿原脇の広場状草叢の片隅に、立派なキンラン発見!! (4/22撮、月末には萎む)
04.29 青葉若葉の湿原周り 2.jpg
同所に秘かにウマノスズクサの特異花咲く。普通のウマノスズクサ(左)もオオバ・・(右)も
04.29 青葉若葉の湿原周り 3-1.jpg 04.29 青葉若葉の湿原周り 3-2.jpg
お誂え向きに食草とするジャコウアゲハ登場! 群生ブタナの花上をゆるり舞い遊ぶ
04.29 青葉若葉の湿原周り 4.jpg
小型・フレッシュなアゲハも花から花へ友情共演?! 爛漫の春の野の嬉しいオンステージ!
04.29 青葉若葉の湿原周り 5.jpg

湿原環境の回復試行により見通しUP。固有・ミカワバイケイソウの花穂が木道に開放!
04.29 青葉若葉の湿原周り 6.jpg
中腹の群生地の白い花穂たちは今が見頃。高原の爽やかさが薫風にそよぐ
04.29 青葉若葉の湿原周り 7.jpg
湿原周りの蝶も初夏の兆し。地表吸水のコミスジ(左)と綺麗なヒメウラナミジャノメ(右)
04.29 青葉若葉の湿原周り 8-1.jpg 04.29 青葉若葉の湿原周り 8-2.jpg

ツツジが満載の隣接・R池畔も覗く。野花にアオスジアゲハ2つ3つ・・蝶影は小休止?
04.29 青葉若葉の湿原周り 9.jpg

GW明け早々10日ほどは我慢の引籠り予定。フィールド復帰時はゼフィルス出初め?!

飯田線第3弾は紀行がメインに

さあGWスタート!の土曜(4/28)は飛切りの好天にて、少し早い時間のJR飯田線へ。
行先は前回のM地区の奥の大嵐(オオゾレ)駅周辺、狙いはスギタニルリシジミだったが・・

大嵐駅周辺のmy探索マップ(常用)は下掲。今回はスギタニ狙いで3方向踏査へ
04.28 春・大嵐紀行 1.jpg
下車して即、駅プラットから西方を一望。静岡・浜松市の対岸は愛知・豊根村
04.28 春・大嵐紀行 2.jpg
先ずは自分の勘では最有力の、手前湖岸沿いに北上。スギタニ他、ほぼ完敗!
04.28 春・大嵐紀行 3.jpg

続いて南のトンネル方面へ。駅ホーム南端は5卍兇「大原トンネル」(飯田線43/138)
04.28 春・大嵐紀行 4.jpg
すぐ西隣には旧ルートだった「夏焼隧道」。佐久間ダム建設時の大付替えで廃線
04.28 春・大嵐紀行 5.jpg
今は奥の小集落命綱の車道に。全長1,233m(「第2」)、遥かな外光へ足早歩き!
04.28 春・大嵐紀行 6.jpg
「隧道」を抜けると、そこは一重に湖岸風景。右手斜面に小さな集落が息づく
04.28 春・大嵐紀行 7.jpg

西方、旧「日本一のミニ村・富山村」中心部へ。小中学校は昔々、生物部の合宿地
04.28 春・大嵐紀行 8.jpg

(蝶不振もあり)想えば、回想と秘境巡り感の一日歩き。虫との遭遇(抄)下掲。
やっと意中のサカハチチョウ春型/いい感じのスジグロシロチョウ/案外多産、「道教え」ハンミョウ
04.28 春・大嵐紀行 9-1.jpg04.28 春・大嵐紀行 9-2n.jpg04.28 春・大嵐紀行 9-3.jpg

環境整うスギタニルリシジミ不遇は遅すぎ?? ウスバシロチョウ緩く舞い、ツマキチョウまだフワフワ・・

| 1/109PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM