切望の晴間、秋クロツ確認!

本当によくも降り続く長雨の日々で、今日(10/18・水)午前は珠玉の晴れ間!!
満を持して何はさておき、ツメレンゲ咲きクロツバメシジミが待つはずの隣県M地区へ

朝遅め出発、飯田線特急で昼前にM駅着。ほど近い壁にツメレンゲ咲き初め!
10.18 秋クロツ in 水窪 1.jpg
10.18 秋クロツ in 水窪 2.jpg

西向きの壁は午後から陽射し・・まずは下の川辺でウォームアップの個体を探す
10.18 秋クロツ in 水窪 3.jpg
10.18 秋クロツ in 水窪 4.jpg
次には食草満載の壁頂の日光浴個体。 注文通り何頭か、改めて翅表は黒い!
10.18 秋クロツ in 水窪 5-1.jpg 10.18 秋クロツ in 水窪 5-2.jpg

この子がやがて壁上端の花穂に移動。 堰を切って?花穂巡りの個体数は増加
10.18 秋クロツ in 水窪 6.jpg
10.18 秋クロツ in 水窪 7.jpg
10.18 秋クロツ in 水窪 8.jpg
食草の海のあちこちに夫々寛ぐ姿が。肉厚・フレッシュな株元に産卵志願?の子も
10.18 秋クロツ in 水窪 9.jpg

昼を挟み約2時間、束の間の好天の限定観察。秋クロツ専科は好首尾、再ラウンド可?

恵みの秋なのに長雨に辟易

土曜は名古屋で職責上の大一番2件・日曜は東京で身内の慶事、と充実の週末。
でもそれは長雨の始まり、一息の今日(10/16・月)以降もず~っと雨予報の酷?!

心静かに秋の好日を望む今朝も冷たい雨。リビング窓越の小テラス小景も湿る
10.16 Octorbar Rainy Garden 1.jpg
2階ベランダから臨む東庭小舗道も雨色。フジバカマのアサギマダラ注視も徒労?
10.16 Octorbar Rainy Garden 2.jpg

庭の秋の花たちも雨滴を帯びる。野紺菊と背後の小紫も気高くしっぽり
10.16 Octorbar Rainy Garden 3.jpg
鉢植えの野花2種競演。ホトトギス(左)とイワシャジン(右)の野趣一段
10.16 Octorbar Rainy Garden 4-2.jpg 10.16 Octorbar Rainy Garden 4-1.jpg
小テラス片隅の小鉢の小花も滴が小粋。ピンク味の大文字草、密やかにアピール
10.16 Octorbar Rainy Garden 5.jpg

長雨直前の木・金の晴々の蝶たち。まずのどかにお馴染・モンシロチョウ
10.16 Octorbar Rainy Garden 6.jpg
花盛りの藤袴に本命・アサギマダラ現れず。代りに慰むはヤクシマルリシジミ
10.16 Octorbar Rainy Garden 7.jpg
鮮やか赤のサルビアに鮮やか黄の蝶がコラボ。キタキチョウの一瞬の晴れ舞台
10.16 Octorbar Rainy Garden 8.jpg

次の週末は我が市の「Tまつり」。目論見中の秋クロツ遠征とも、長雨一掃を切望!

突然の金木犀と万全の藤袴

自分には重いミッション続きの今週は遠出はできず、在宅・空き時間の庭眺めだけ。
天候不順予報もあり、今日(10/12・木)までの庭の秋の花の急展開を中間報告

ディサービスの母を見送る門先に突然芳香が?! 待望の金木犀が電撃開花!
10.12 Octorbar Garden 1-1n.jpg
10.12 Octorbar Garden 1-2n.jpg

玄関脇の小紫が本来の鮮やか発色。脇に同色の野紺菊が優しく寄添う
10.12 Octorbar Garden 2.jpg
以下、庭の旬花キャストご紹介。秋明菊は(濃淡の)ピンク花と咲初めの白花
10.12 Octorbar Garden 3-1.jpg
10.12 Octorbar Garden 3-2.jpg
ホトトギスは鉢植え2種。妖しげな普通種と垂下黄花のジョウロウホトトギス
10.12 Octorbar Garden 4-1.jpg
10.12 Octorbar Garden 4-2.jpg
黄金狸豆は本領のぷっくり実が鈴生り。ウラナミシジミが異常集合して寛ぐ
10.12 Octorbar Garden 5-1.jpg
10.12 Octorbar Garden 5-2a.jpg 10.12 Octorbar Garden 5-2b.jpg

さて、今年の藤袴は近年になく元気溌剌。歓迎準備万全でアサギマダラ待ち!!
10.12 Octorbar Garden 6.jpg

「庭にアサギマダラ現る!」を速報すべく待機中。まだ来ないけどきっと来る心境?

アサギマダラ、秘花に誘引!

郊外の小水路の秘花・ミズヒマワリに例年アサギマダラ飛来の頃、とて10/7(土)確認へ。
折から本週末は町内のお祭り、公私とも週末ごとに心騒ぐ行事多彩の秋本番

前日は最寄り大学への途上、U川の橋下を確認。当地のミズヒマワリは壊滅的!
10.07 アサギonミズヒマワリ 0-1.jpg

その支流たるこの小水路では随所に小群落健在。前夜の雨で水濁るとも
10.07 アサギonミズヒマワリ 1-1.jpg
カナムグラも多く混在しキタテハも多産。この秘花を好み、秋型が幾つも吸蜜
10.07 アサギonミズヒマワリ 1-2.jpg
本命・アサギマダラも負けず大集合。フジバカマと共有の誘引物質ありとか
10.07 アサギonミズヒマワリ 1-3.jpg

以下、ミズヒマワリに陶酔するアサギマダラのアップ集。2ショット撮りはほぼ難なく
10.07 アサギonミズヒマワリ 2.jpg
花にぶら下がり気味で暫し寛ぐのが常。この子は珍しくスクランブル的V開翅?
10.07 アサギonミズヒマワリ 3.jpg
行儀よく閉翅のままリラックスしてぶら下がる子も多見。殆んど午睡or瞑想??
10.07 アサギonミズヒマワリ 4.jpg
全開翅誇示して日光浴モードは好被写体。浅葱色・半透過スクリーンの映像の妙!
10.07 アサギonミズヒマワリ 5.jpg
 (この花から精力剤注入?志願は♂専科か?? ほぼ新鮮な♂ばかり)

雨上りの朝、our集会所たるNk公園を覗く。神輿etc.慌ただしく準備中!
10.07 アサギonミズヒマワリ 6.jpg

10.07 アサギonミズヒマワリ 7.jpg 神輿準備の脇でムラサキツバメが産卵モード。より親近感!!

コスモス・松虫草・遠州白熊

快い秋晴れの昨日(10/4・水)、ウラナミジャノメ聖地のNU地区に中秋の名花を訪問。
山辺のコスモス畑(と蝶)・礫原の(ミカワ)マツムシソウ・山路のエンシュウハグマ などがお目当て

山里の心尽しのコスモス畑はフレッシュに花盛り。常連の蝶影薄くアサギマダラ尚早
10.04 NU in October 0-1.jpg
朝方はコスモスの海辺に浸って見渡すも蝶は見えず。復路の日差しでポチポチ
10.04 NU in October 0-2.jpg
縁部のキバナコスモスのミドリヒョウモン♂(左)、 と 颯爽と赤花に滑り降りたアカタテハ(右)
10.04 NU in October 1-1.jpg 10.04 NU in October 1-2.jpg

そこから少し入山した礫原には秘かに松虫草が。独特「ミカワマツムシソウ」の名も
10.04 NU in October 2.jpg
ふわりと風に乗って礫地に着地したのはミドリヒョウモン♀。訪花は見せぬが・・
10.04 NU in October 3.jpg
小さな松虫草の花を愛でる蝶も散見。偶々、メスグロヒョウモンの♂(左)と♀(右)
10.04 NU in October 4-1.jpg 10.04 NU in October 4-2.jpg

次は小城址への山路を辿る。樹間から見返る山里に「収穫の秋」拡がる
10.04 NU in October 5.jpg
路傍にはひっそり秋の名花たち。本命・エンシュウハグマ、期待通り咲き初め!
10.04 NU in October 6.jpg
ズームすれば一層、粋でお洒落な変り花。色白~妖艶なミニ風車たちの群舞!!
10.04 NU in October 7-1n.jpg 10.04 NU in October 7-2.jpg
他の路傍の花から2題:野趣痛快のオケラ(左)と一輪だけ孤高のツルリンドウ(右)
10.04 NU in October 8-1.jpg 10.04 NU in October 8-2.jpg

10.04 NU in October 9.jpg この夜は「中秋の名月」が冴え冴え。秋は粛々と進む

中秋10月スタート・・庭花の趣き

節目の小旅から戻れば即10月、晴の日曜と雨の月曜(10/2)は庭の移ろい探し。
庭の片隅orあちこちに秘かに登場の、小さな秋の草花の現況を一纏めします

年一度のプロの剪定を終え、玄関前はすっきり。ヤマボウシが早くも色づく
10.02 Octorbar Start 0.jpg
     --以下、庭の随所の秋の草花、オールスターキャスト?--
玄関脇の豆砂利洗出し小道にコムラサキが本領。背後のタマスダレは衰退模様
10.02 Octorbar Start 1.jpg
リビング前・小テラスの鼻先にピンクの秋明菊が咲き初め。白花はまだ蕾固し
10.02 Octorbar Start 2.jpg
東庭舗道のフジバカマが今年は元気。さらに咲き揃えばアサギマダラ期待大
10.02 Octorbar Start 3.jpg
東庭コンクリートテストピース小道のミズヒキも元気に絡み合う。キンミズヒキは何処に?
10.02 Octorbar Start 4.jpg
小菜園の片隅のシモバシラも今年は活況。寒さは苦手でも「霜柱」は見たい
10.02 Octorbar Start 5.jpg
東庭舗道のクコが咲き初め赤い実も。脇にシロバナヤマブキの漆黒の実も競演
10.02 Octorbar Start 5n.jpg
東庭南端の駐車スペースに遅れてツルボ登場。のどかなニョキニョキ感が好感度
10.02 Octorbar Start 6.jpg
プランターの大和芋根本にナンバンギセルが長居?! ススキでない場違い同居の怪?
10.02 Octorbar Start 7.jpg

小菜園の黄金狸豆周りにウラナミシジミが急増。交尾カップル(左)も産卵(右)も
10.02 Octorbar Start 8-1.jpg 10.02 Octorbar Start 8-2.jpg
花とシジミの小景2題:現の証拠のヤマトシジミ(左)と百日紅のヤクシマルリシジミ(右)
10.02 Octorbar Start 9-1.jpg 10.02 Octorbar Start 9-2n.jpg

明日(10/4・水)は予定フリーで好天予報。少し遠くまで秋探しに出ようかな?

建築団体全国大会で徳島へ

9月28日(木)から2泊3日で所属建築団体の全国大会で徳島に行ってきました。
新神戸駅経由の高速バスツアーで片道5時間、天気もよく楽しく充実した旅でした

大会の主会場は徳島駅に近い「あわぎんホール」。南国の青空にすっくと建つ
09.30 JIA徳島大会 1.jpg
中日の大会式典は阿波浄瑠璃で厳かにスタート。前列に恵まれ大迫力に興じる
09.30 JIA徳島大会 2.jpg
このスナップのメインシンポジウムを初め、幾つものシンポジウムに出席。久々の再覚醒!
09.30 JIA徳島大会 3.jpg

夜には盛大にレセプションパーティー。手練の阿波踊り集団のステージに盛上り最高潮!
09.30 JIA徳島大会 4n.jpg
入退場はパーティーテーブル間を練り踊る。とりわけ、女児たちの愛らしさに感激
09.30 JIA徳島大会 5n.jpg
2次会(~3次会)は意気投合の小人数で街中のお店へ。姿造り3種・・旅を満喫
09.30 JIA徳島大会 6n.jpg

朝の散策は新町川沿いに県庁舎巡り。「駐車場を森に」のコンセプト達成は如何?
09.30 JIA徳島大会 7.jpg
川対岸から右に眉山を伴う全貌に浸る。マストが連なる水面に群建築が揺れる
09.30 JIA徳島大会 8.jpg
実は遠い昔(1980年)、この設計コンペを勝ち抜く。提出時のイメージスケッチのまま!!
09.30 JIA徳島大会 9.jpg

意気軒高な30代の建設中、ヤングファミリー帯同で阿波踊り体験も。懐古と再覚醒?!

秋晴れTn川ヘ、久々に蝶浸り

今日(9/26・火)だけ予定フリーで秋晴れチャンス、となれば例年通り秋のTn河原へ。
お目当てはミヤマシジミとツマグロキチョウ(とコムラサキ)、さらに彼岸花の黒いアゲハ類も・・

鉄橋から車窓越しにmy蝶フィールドを展望。右手の河原~土手を巡る
09.26 秋の天竜川原の蝶 0.jpg

土手に上るとすぐコセンダングサに蝶数多。モンキチョウ(左)とウラナミシジミ(右)
09.26 秋の天竜川原の蝶 1-1.jpg 09.26 秋の天竜川原の蝶 1-2.jpg
本命第1号はとんだカン違いペア?!(左)。ミヤマシジミはまだ♂が元気?
09.26 秋の天竜川原の蝶 2-1.jpg 09.26 秋の天竜川原の蝶 2-2.jpg
刈込を免れた僅かなコマツナギ原に♂が幾つか。V開翅ゲットは案外苦戦
09.26 秋の天竜川原の蝶 3.jpg
綺麗な♀は帰り際にやっと1頭現る。暫し待機して何とかV開翅ゲット
09.26 秋の天竜川原の蝶 4.jpg

川岸際のブッシュに移り次の本命探し。コムラサキがふわり目前に飛来
09.26 秋の天竜川原の蝶 5.jpg
撮影中により綺麗なもう1頭が着幹。密かな樹液酒場か、寛いで全開翅
09.26 秋の天竜川原の蝶 6.jpg
ツマグロキチョウは散見するも静止稀有。尖りも斑紋もやや円やか感? 
09.26 秋の天竜川原の蝶 7.jpg

Tn川本流を渡り支流F川辺の彼岸花群生も巡る。黒いアゲハ飛来なく残念!
09.26 秋の天竜川原の蝶 8.jpg

久々の隣県小遠征はまずまず好首尾。10月はクロツバメシジミやアサギマダラが主軸か

秋分に照準ピタリと「彼岸花」

今日(9/23)は秋分の日=お彼岸・中日、不思議と毎年「彼岸花」がピタリと出揃う。
例年この花を愛でる山里の秋風景と、自宅周りのこの花の「律儀」を確認レポート

身近な蝶見のmyフィールドのM池畔。今回は専ら実りの畦道の彼岸花観察行
09.23 Viva彼岸花 1.jpg
田の畦の彼岸花群植は古来農村の知恵とか。時は今! フレッシュに咲き揃う
09.23 Viva彼岸花 2.jpg
真っ赤な連綿に一部、白い斑入りの数株発見。除草や焼き畑の人為??
09.23 Viva彼岸花 3.jpg
黒いアゲハ類の絡み期待は1頭だけ。秋へ着馴れた感のカラスアゲハ♀
09.23 Viva彼岸花 4.jpg

自宅近いmy彼岸花名所も覗く。路傍の畑辺に深紅のモフモフ縁取り見事!
09.23 Viva彼岸花 5.jpg
所々に気の利いた白花混植も。天から降りた吉兆「曼殊沙華」感躍如?
09.23 Viva彼岸花 6.jpg
花に遊ぶアゲハ2題:すっぽりキアゲハ(左)と供揃えのモンキアゲハ(右)
09.23 Viva彼岸花 6n-1.jpg 09.23 Viva彼岸花 6n-2.jpg

わが庭・沿道部の彼岸花もお目覚め?! 西端に白花(~クリーム色)、隣には萩
09.23 Viva彼岸花 7.jpg
東端・駐車スペース背後には紅白セット。木蔭にひっそりと咲き初めたばかり
09.23 Viva彼岸花 8.jpg

暑さ寒さも彼岸まで、朝夕は随分涼しく・・ 夏への未練は捨てて秋の野山へ!

台風一過の空高く、秋本番!

三連休は台風18号縦断で大混乱、でも最終日(9/18)はメキメキ一過の天高く晴れ。
この日は孫娘たちのウップン晴しにご相伴、自身の秋探しは今日(9/20・水)少々

「野分のまたの日」の趣きはわずかに小枝落下のみ。傍らに彼岸花が弾ける!
09.20 台風一過の碧い空 0-1.jpg 09.20 台風一過の碧い空 0-2n.jpg

ベランダの日除けシートを外した家並が抜ける秋空に軽快。突如、お出かけ日和!
09.20 台風一過の碧い空 1.jpg
孫娘たちと協議し隣市郊外の鍾乳洞へ。悠久壮大な自然造形に改めて感激
09.20 台風一過の碧い空 2.jpg
その足で、ムーミン谷みたいな人気スポットも覗く。(ランチは久々豪華にご当地・鰻)
09.20 台風一過の碧い空 3.jpg
嵐直後の庭先には澄んだ陽射しに蝶たち喜々。ツマグロヒョウモン(左)とキアゲハ(右)
09.20 台風一過の碧い空 4-1.jpg 09.20 台風一過の碧い空 4-2.jpg

予定フリーの今日午前、曇り空のIm湿原へ。木道周りにシラタマホシクサが旬!
09.20 台風一過の碧い空 5.jpg
湿原の随所に今、小粒の白い星雲が広がる。個々の花はイガイガ金平糖みたい
09.20 台風一過の碧い空 6n.jpg
湿原の他の旬花2題:控えめサワシロギク(左)と凛と颯爽サワギキョウ(右)
09.20 台風一過の碧い空 7-1.jpg 09.20 台風一過の碧い空 7-2.jpg
木道脇のアザミにハッと立止る蝶の群れ。ツマグロヒョウモン(♀2・♂1)、目にも鮮やか!!
09.20 台風一過の碧い空 8.jpg

09.20 台風一過の碧い空 9.jpg 帰路、葉上に白い塊発見! これってアマガエルのアルビノ??

| 1/102PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM