Tn河原のミヤマシジミと・・

夏空続きでTn河原のミヤマシジミ登場を確信し、今日(5/23・火)満を持して確認へ。
ほぼ狙い通りでも意中のコムラサキ撮れず・・代わりに昨日の特ダネニュースを速報追記

11時前に現地着、刈り込まれた土手に不安募る。探索初期は密かに1♀のみ
05.23 ミヤマシジミ&?? 1.jpg
昼過ぎ♂遭遇後は♀も次々と。じっくりと間近で撮らせてくれた綺麗な子
05.23 ミヤマシジミ&?? 2.jpg
帰り際にやっと♀の半開翅ゲット。シックな翅表にオレンジ水玉の裾模様がお洒落
05.23 ミヤマシジミ&?? 3.jpg

コムラサキも失意の昼過ぎ、頼りのmyコマツナギspotで粘る。ミヤマシジミ♂登場!
05.23 ミヤマシジミ&?? 4.jpg
2~3頭の♂が低空飛行。カメラ追跡で置き去りのバッグ肩紐に静止して寛ぐ?!
05.23 ミヤマシジミ&?? 5.jpg
フレンドリーなこの子はバッグを動かすと指先に移る。陽光下の汗っ気が誘引??
05.23 ミヤマシジミ&?? 6.jpg
懇願に応えて?脇に降りて僅かにV開翅。ここで遊んだ分、帰り電車1本遅れ!
05.23 ミヤマシジミ&?? 7.jpg


【5/22・Im湿原にサツマシジミ!】サンゴジュはマーク中、でもまさか?! 早過ぎ??
05.23 ミヤマシジミ&?? 8.jpg

日参気味のR池・Im湿原はウラゴマダラ順調。未出現のゼフとも後日報告予定です

5/18・R池、祝!! ウラゴ初見

やっと夏の陽気の5/18・木、諸用が一区切りした遅めの午後にちょっとR池へ。
今季は季節巡りが遅い中、例年ならウラゴマダラシジミ初見頃とて下見のつもりが・・

例年spotに姿なく道々数頭の飛翔目撃。帰り際、ブッシュ隙に潜む子を発見!
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 0.jpg
そこは外れの旧知spot、復活イボタ周りに数頭輪舞。ピカピカの閉翅姿ゲット!!
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 1.jpg
やはりウラゴマダラシジミはイボタで溌剌。蕾膨らむ脇の葉で寛ぎ半開翅
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 2n.jpg
近くの葉上では大きくV字開翅。広々と青鱗が眩しい(黒化型にも注目中)
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 3.jpg

池畔は今、随所にアサマイチモンジが活況。ウラゴのイボタにもちゃっかり潜入
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 4.jpg
脇のエノキの幼木に一瞬ゴマダラチョウ静止。同趣旨でヒオドシチョウも意中だが・・
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 5.jpg
(クロ)コムラサキ期待のヤナギ梢上からサトキマダラヒカゲ降下。この元気は嬉しい
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 6.jpg
この時期・当地ではヒメジャノメが元気。近場のM池はコジャノメ主体の不思議
05.18 ウラゴマダラシジミ初見 7n.jpg

この好首尾で今日(5/19・金)午前も再訪。Im湿原とも他のゼフは今少し待機?

M地区のクロツバメシジミ

火曜か水曜に目論見の飯田線ちょい遠出を5/16・火に決行して隣県M地区へ。
目的はクロツバメシジミ(と遅ればせのスギタニルリシジミ??)確認・・加えて旬の常連たち

駅近のツメレンゲspotにクロツバメシジミ数頭確認。若芽の海に漂い寛ぐ
05.16 5月の水窪の蝶 1.jpg
5劼曚姫のspotには例年よりツメレンゲ不作?。岩場主体に数頭は日光浴
05.16 5月の水窪の蝶 2-1.jpg 05.16 5月の水窪の蝶 2-2.jpg

渓流沿いの山側擁壁回りにサカハチチョウ出没。春型はお洒落で綺麗!!
05.16 5月の水窪の蝶 3.jpg
川側路傍のシャガの小群落にも2頭が遊ぶ。好みのヒメウツギはもう衰退気味
05.16 5月の水窪の蝶 4-1.jpg 05.16 5月の水窪の蝶 4-2.jpg

擁壁沿いの僅かな水場に黒いアゲハが吸水。カラスアゲハの全開翅ゲット
05.16 5月の水窪の蝶 5.jpg
意中のミヤマカラスアゲハ、車道に臥す?! 路肩の草上に移して暫し悼む
05.16 5月の水窪の蝶 6.jpg

黒いアゲハの大物・モンキアゲハはM池辺で5/14遭遇。紋を隠しベタッと全開翅
05.16 5月の水窪の蝶 7.jpg
同日同所の草原のアザミには、カラスアゲハ(左)とオナガアゲハ(右)が遊ぶ
05.16 5月の水窪の蝶 8-1.jpg 05.16 5月の水窪の蝶 8-2.jpg
同日はベタッと全開翅ブームか:ダイミョウセセリ(左)とアサマイチモンジ(右)
05.16 5月の水窪の蝶 9-1.jpg 05.16 5月の水窪の蝶 9-2.jpg

午後半日・約10劼了各司發は薄曇り。狙いの成果は満願ならずもほぼ納得!

今、ヤマボウシとオダマキ

好都合の土曜(5/13)は無情の雨、天気回復の日曜(5/14)は余儀なく在宅ベース。
初夏に向かう庭は旬の花が次々更新中・・今日は数種のヤマボウシとオダマキが主テーマ

リビング正面のオーソドックスなヤマボウシが白花アピール。他の数本もポチポチ開花
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 1.jpg
東庭入口の白花集団('ミルキーウェイ')が日々盛況化。「天の川」俯瞰にもう一息
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 2.jpg
東隣家前の尖った赤花('紅富士')もいい感じ。洒落た十字手裏剣みたい
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 3.jpg
広縁前には円やかなピンク花('さとみ'?)。今年は花が少なく色も淡気味?
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 4.jpg

旬花双璧のオダマキ類ではミヤマオダマキが先陣。庭の随所に颯爽アピール!
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 5.jpg
八重の西洋オダマキ2種:高貴な感じの'ブルーバロー'(左)と'ブラックバロー'(右)
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 6-1.jpg 05.14 ヤマボウシ&オダマキ 6-2.jpg
リビング前テラスの特別鉢のヤマオダマキも遅れて開花。楚々として好感度!
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 7.jpg

雨の東庭に濃い青紫のアヤメが似合う。右手共演は爽やか淡青の丁字草
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 9-1.jpg
玄関前の小岩影にチリアヤメのミニミニ隊列出現。1日だけの超短期興行??
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 9-2.jpg

ピンク系・矮性?の小花たちも秘かに順次開花。左からライラック・シャリンバイ・ヒメウツギ
05.14 ヤマボウシ&オダマキ 10-1.jpg05.14 ヤマボウシ&オダマキ 10-2.jpg05.14 ヤマボウシ&オダマキ 10-3.jpg

今一天候不順ながら、予定フリーの火or水はやや遠出希望。春の取材未満が多くて・・

かのナガサキが庭に来た!!

水曜(5/10)は東京、金曜(5/12)は名古屋でほぼ終日掛りの重要ミッションがあり、
木曜(5/11)の通院ケア~在宅ウォッチングの庭に、起死回生のサプライズ来訪者登場!!

東庭舗道は緑滴る初夏風情。時折ナガサキアゲハが過るとて徹底注視・・
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 1.jpg

素早く飛ぶ♂でなく、ふわり来訪は綺麗な♀。身に纏わって間近に静止!!
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 2.jpg
カメラを携え慎重に回り込むのを穏やかに容認?! 半開の翅表もしっかりゲット
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 3.jpg
逆側のほぼ閉翅横顔も撮り終えた後、静かに栗の葉を離陸。脇の別ステージへ
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 4.jpg
大きな柏葉アジサイの葉上では悠々と全開翅!! 真正面への回り込みは許さず
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 5.jpg

周りの新緑の木々に白い花が勢揃い。アゲハ類の揺籃となるレモンは花僅か
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 6.jpg
奥のナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)も控えめ開花。爽やか・涼やかで好感度
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 7.jpg
手前右のエゴノキも爽やかに垂れて揺れる。雑木林の佇まいを醸す名脇役
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 8.jpg
その手前のヤマボウシ(外来種?"ミルキーウェイ")の花は林立。緑から白へ進化中
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 9.jpg
左手のオオヤマレンゲは寡作な大輪。艶やか芳香にして趣き深い一日花?
05.11 ナガサキアゲハ来庭! 9n.jpg

土曜(5/13)は諸事情クリアの遠出チャンスなれど雨予報?! 世はままならぬようで・・


ツツジに黒いアゲハの季節

GWが終り世は平常に戻って、私は明日(5/10・水)からあれこれ本格社会復帰?!
在宅ベースだったこの間は、最盛のツツジに集う黒いアゲハたちを折々に近場取材

昨日(5/8・月)は絶好の初夏日和。手応え確信しR池のツツジ直撃も完敗?!


やはり心強い頼りはIs山麓の大株。歴訪に応えてカラスアゲハ連弾!

敏捷に飛び回り会心の静止ショットを許さない。意にない一瞬の全開翅も

真っ赤な花の海に飛び込む競演はクロアゲハ。カラスよりは少し落着き?


お目当てのジャコウアゲハは♂だけ登場。緩く株を巡り花の海は回避?

時に静止・全開翅も物陰気味?。黒地に鮮烈な赤ドットの裏面狙いも梢隙

昨日やっと逢えたオナガアゲハもシャイに脇の小株へ。スマートな横顔がいい


曇天の今日もツツジ詣で。郊外IU公園(上)と中央T公園(下)・・もう盛り過ぎ


  (撮り残し2種狙いは空振り。モンキはT公園で2頭、ナガサキは帰宅の庭で目撃)

で、1コマ不足で回想ショット。'14/5/25M池畔のモンキアゲハ集団吸水・・半月後に期待!


5月後半になれば平地性ゼフィルスなど注目ラッシュ。当面は遅い春の蝶の再確認か?

子供の日、日本晴れ、Tn河原

3連祝日で唯一デイサービスOKの5/5は日本晴れ!、隣県のTn河原へ勇んで独り旅。
お目当てのミヤマシジミはまだ尚早覚悟で、心地よい「立夏」の薫風に浸りたくて・・

最寄駅からアプローチ側の土手は正に爽快。茅(チガヤ)の白穂が碧空にそよぐ

一面がミヤコグサの黄基調にカラフルに染まる。(シルビアシジミは所詮妄想??)

このお花畑にモンキチョウが遊ぶ。アカツメクサがお気に入り(バックはミヤコグサ)


土手の河原側は刈込まれ、コマツナギも低く地に這う。ミヤマシジミ似はヤマトだけ

ミヤコグサ旺盛にてヤマトシジミにも逐一注目。斑紋は多様ながらシルビアじゃない

今季の春進捗は10日ほど遅く?ツマキチョウ♂がまだ溌溂。寛ぐ吸蜜姿に新鮮味

当地my「四天王」のうちで唯一、ツマグロキチョウ出現。お気遣いに感謝!!

  (ミヤマシジミとコムラサキは半月後に再確認。注視したギンイチモンジセセリには逢えず)

川を渡る一両のローカル電車に迷彩ラッピング。大河ドラマ「女城主・直虎」縁で人気!


春が早足だった昨季は5/2にミヤマシジミ第1号。標準では5/20頃には出揃うはず

GW前半の野山チョイ歩きから

4/29・祝~のGW前半はファミリーマターあり急激な荒天通過ありで、コマ切れ外出のみ。
隙間の近場チョイ歩きを略報します。今日(5/3・祝)~のGW後半も外出不如意・・

4/29午前はIs山懐のM池へ。パステルカラー点描で装った山はもう緑一色に変貌

池畔でキビタキ♂に遭遇・初撮り(左)。水面には残り鴨・キンクロハジロ寛ぐ(右)

  (池畔の鳥撮り人が「サンショウクイ」見たかと問う。それ何??、でも居るんだ?!)

同日午後にはIm湿原を小巡り。入口・里外れに一面のレンゲ畑・・何か懐しい

「馬の鈴」確認は好首尾:原っぱのオオバウマノスズクサ(左)と山麓のウマノスズクサ(右)

 (もう1つの目論見のミカワバイケイソウの花穂はまだ咲き初め。蝶不作は想定内)

4/30・日は隣の息子ファミリーと庭BBQ。ビールが美味い!一瞬、ナガサキアゲハが過った!

5/1は遠出チャンスも一時荒天予報で断念。Is山麓のウマノスズクサ確認、まだヒョロヒョロ

大株ツツジ咲き黒いアゲハ始動。目的のジャコウ出ず、クロアゲハ(左)・カラスアゲハ(右)だけ

  (ジャコウアゲハも食草・ウマノスズクサも昔日は豊産・・ 細々と存続、また再チャレンジ)

5/2通院ケア後、即・飯田線へ。隣県M地区、渓流のウツギにサカハチチョウ春型!!

M駅近く(左)と県内I駅近く(右)でツメレンゲ元気。クロツバメシジミには逢えず

I駅前の帰り際、ウスバシロチョウが眼前に。小5の春、ここで初見の深い縁?!

  (本来ならM地区深く、myクロツspot・スギタニルリ狙い。超短縮日程の恨み節?)
M地区はヘリが飛び交い離着陸・・前日の落雷で山火事発生?! 断念判断は正解!


山帰りの足で、久々の高3級友男子会へ。(不)健康や連合い感謝の話で大盛会

GWの庭、青葉若葉と白い花

今日から5月、GWの隙間の平日は絶好の遠出チャンスなれど一時荒天予報で断念。
一方、庭の新緑と花々は新進気鋭ラッシュで、一度近況報告の要ありとてひと纏め

庭で最古参にして最ノッポのケヤキが若葉満載。準ずるハナノキも新芽膨らむ


東庭舗道の連アーチは各種モッコウバラが見頃。右手前・赤葉のスモークツリーは蕾なし

南端・沿道の黄・八重のモッコウバラはもう爛熟気味。脇の八重桜と毎年シンクロ!

手前・3番目アーチのモッコウバラは白の八重。黄と違って、控えめで芳香が魅力

中アーチは清楚でお洒落な白・一重(左)。 最も奥・裏口ゲートには黄・一重も(右)


白の八重・中輪バラならトキンイバラ。小菜園端でツヤツヤ元気(鉢にも分家)

南沿道のナニワイバラは白・一重の艶やか大輪。昔の業績の由緒を宿す

小菜園北エリアを席巻するのはカモミールとマーガレット。一面に白い花弁と黄色芯

樹下に白くこんもりとヒメウツギ満開に。山の渓流沿いで蝶を誘う花!


広縁の窓ガラスに珍客の陸貝(キセルガイ)発見!!

飯田線全通!ウスバシロ再訪

土砂災害で10日間ほど一部不通だったJR飯田線が今日(4/28・金)やっと全通。
前報4/20で思惑外れの、「望月街道」のウスバシロチョウ(&トラフシジミ)のリターンマッチに出動!

朝の介護ケア後の出発で、復旧早々の特急が頼り。11時前には湯谷温泉駅着


駅直近の鉄路土手が第1spot。何頭か緩く飛び交い、まず綺麗な個体ゲット!

静止せず苦戦の中、絡み合い草陰に降りたカップルを追跡。無礼千万の1ショット

道行き路傍でもウスバシロチョウは散見。マツバウンランで揺れる君には交尾嚢

柿平駅近くのウスバspotにはかなり多産。カメラ同志も幾人か・・蝶と戯れる至福


途上、トラフspotに注文通り律儀な1頭。後翅下端欠損を隠しV開翅のナイスポーズ!

帰り際、「県民の森」の藤棚に綺麗なトラフシジミ登場。青空を背に会心ショット!


ピカピカのジャノメチョウ科2題:羽化したて?のコジャノメ(左)と訪花のヒメウランミジャノメ(右)


今朝早く、愛猫Lが天寿を全うして静かに永眠。ありがとう、どうか安らかに!

| 1/97PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM